Concept

コンセプト

IP × Brand × Accessibility = Focusing on Your Uniqueness

「個性に気づき、深化させる」

これが私のミッションです。

個人であれ組織であれ、誰にも邪魔されず自分の「個性」にフォーカスできれば、それぞれの強みが活き、結果として社会の発展の大きな原動力になると思っています。

私は、「自分にしかできないこと」が好きです。
他人より「優れた」ことがやりたい、という意味ではありません。
もちろん、「優れた」ことであればより良いですが、自分の根っこから染み出した個性が表れていれば、他の誰にも替えのきかない、「自分にしかできないこと」になります。
逆に、「優れた」ことであっても、そこに個性が表れていなければ、同じくらい優れた他の人がいればそれでいい。

世界にはたくさんの人いて、たくさんの組織があります。
せっかくたくさん存在しているのなら、みんなが「自分にしかできないこと」をすれば、世の中のちからになる。そんな気がしています。

私は、これまで知的財産、特に、商標やデザイン(意匠)を守る仕事をしてきました。
何のためにこれらを守るかというと、みなさんが生み出したすばらしいデザインや、世のためになるビジネスを通じて得た信用を、まわりに害されず、より活かせるようにするためです。
商標やデザインというのは、ほんとうは、自分が誰かに伝えたいこと、それの象徴であり、結晶です。
自分が誰かに本当に伝えたいこと、これは自分の内面から湧き出るものです。
自分の内面は、伝えたい「誰か」には届きにくい。
ちょっと曖昧な形で伝えることになってしまうかもしれないけれど、商標やデザインは、これを伝えるツールになってくれます。

ブランディング。
これは「ブランド」をつくり、育てていくことです。
ブランドが何かをひとことで正しく説明するのはむずかしいですが、本当のブランドとは、言うなれば「まわりの人たちに少しわかってもらえた自分」のようなものだと考えています。
強くて良いブランドをつくることは、「偽らない自分を、知ってほしい人たちがなるべく深く知ってくれて、願わくば好きになってもらえる」、そんな状態をつくることのような気がしています。
商標やデザインは、ブランドをつくり、育てていくために少し役立ってくれます。

私はブランドというものをこのように考えているので、ブランドは、個人であれ組織であれ、みんなが持てるもの、というかみんなが今より少し気にするようになると、それぞれが個性を出し、それをまわりが認め、しあわせな人が増えるようなイメージがあります。

だけど、ブランドとか、それの一要素である商標や意匠って、ちょっと難しかったり、少し近寄りがたいと思う人もいるようです。
だから、もっと身近なものにしたい。
そんな気持ちがあります。

IP × Brand × Accessibility

私が持っているこの3つの知識や想いを掛け合わせることで、

「個性に気づき、深化させる」

ことの助けになればと思っています。
About

アバウト

car1
instagramfacebooktwitter
土野史隆
・弁理士(登録番号:18623)

・株式会社Toreru / 特許業務法人Toreru パートナー弁理士 兼 最高執行責任者(COO)

・「法律を味方にしたブランディング」をサポートする「ブランド弁理士」。「個性に気づき、深化させる」をミッションとし、 知的財産 × ブランディング × アクセシビリティ(利用しやすさ、身近さ)でこの実現を目指している。

・株式会社アルバック知的財産部にて、企業目線からの知的財産保護に従事。その後、秀和特許事務所にて、商標・意匠分野のプロフェッショナルとして、幅広い業界のクライアントに対し国内外のブランド保護をサポート。2018年9月より、株式会社Toreru/特許業務法人Toreruに移籍し、知的財産 × テクノロジー による新時代の知的財産サービスを創っている。
商標管理iOSアプリ『Goods Idea』を開発・リリース。

・日本ライセンス協会 会員(2016年~現在)

・日本弁理士会 商標委員会 委員(2013年度、2016年度)

・日本弁理士会 意匠委員会 委員(2013年度)
skills
  • 国内外の商標に関するあらゆること 9年
  • 国内外の意匠に関するあらゆること 9年
  • ブランディングを踏まえた知的財産コンサルティング 6年
  • プログラミング 1年
資格
  • 弁理士
  • ブランド・マネージャー認定協会2級資格